企業主導型保育園の企画アドバイス、設立・助成金申請手続き、運営・事務代行

企業主導型保育園とは

企業主導型保育園   企業主導型保育事業は、2016年に、国(内閣府)を主体としてできた新しい保育制度です。
多様な就労形態に対応する保育サービスの拡大を行い、保育所待機児童の解消を図り、仕事と子育ての両立に資することを目的としています。

その特徴としては以下のようなことが挙げられます。
■ 特徴
(1)開園日、開園日時、時間など、会社の多様な就労形態に合わせたサービスの提供が可能です。
(2)地域枠(市町村からの募集枠)の設定が自由にできます(ただし、定員の50%以内に限ります)。
(3)運営費・整備費について認可保育園並みの助成を受けることができます(ただし、申込期間中に申請し審査に通る必要があります)。
(4)複数企業による共同設置・共同利用が可能(一般募集は不可)です。
(5)企業主導型保育事業の特色・メリット(運営方法が弾力的に決めることができる)活かした事業展開を行うことが可能です。

お問い合わせはこちらからどうぞ

企業主導型保育園に関する当法人のサービス

保育園イメージ画像 ■ 協業体制
NPO法人ブルーバードは、株式会社ダイバシティ―コミュニケーションズと協同して本サービスを提供します。 NPO法人ブルーバードが、主に企画、書類作成、書類申請、報告書作成事務を担当します。株式会社ダイバシティ―コミュニケーションズは、企画および運営を行います。

サービスの特徴としては以下のようなことが挙げられます。
■ 特徴
(1)貴社の実情に合わせて最適な保育園の計画を支援します。
(2)企業主導型保育事業の特色・メリットを生かした柔軟な運営体制で対応します。
(3)書類は書類作成のプロが、運営は、保育園運営のプロが担当します。
(4)NPO法人ブルーバードの様々な資産を活かした支援も可能です。(例:子育て教室の企画、運営など)

お問い合わせはこちらからどうぞ

NPO法人ブルーバードの取組み

NPO法人ブルーバード事務所

■ミッション(目的)
あらゆる人々の「はたらく喜び、豊かなライフ」 を目的とした活動をしています。
NPO法人ブルーバードは、会社等の組織の活性化、生産性アップに貢献するとともに、これらの活動を通じて、(経営者、社員、社外関係者、市民等々の)全てのが人々が働きがいを持って、個性を発揮することで「はたらく喜び、豊かなライフ」を実現することをミッションとして、セミナー、研修、コンサルティング、業務支援や事務・業務代行、書類作成等の業務を行なっています。

■バリュー(特徴)
NPO法人ブルーバードは、ミッションに基づき、次のような特徴を持ったサービスを提供します。
1.本質 お客様のご要望の真の目的を理解し、その為に、必要な施策を提案します。
2.浸透 お客様の「腑に落ちる」、心に浸透するサービスを提供します。
3.行動 お客様の行動を促し、成果につながる、サービスを提供します。
4.継続 良い行動の反復、継続、習慣化につながる、サービスを提供します。
5.包括 個別の案件であっても、全体的、包括的な視野をもってサービスを提供します。