2017.11.8(水)

経済産業省ダイバーシティ経営シンポジウムに登壇

 2017年11月8日(水)、和歌山県民文化会館にて、第1部「和歌山市ワークライフバランスセミナー」講師:菊池桃子氏、第2部「ダイバーシティ経営シンポジウム」(経済産業省 近畿経済産業局主催)が行われました。

 ブルーバード代表理事の西尾果小里と専務理事の藤田廣志はパネルディスカッションのファシリテーターとして参加させて頂きました。

 パネラーには、『年間約16,000人の主婦の雇用を生み出し、カンブリア宮殿など多数のメディアにも取り上げられている』株式会社ビースタイル代表取締役会長 三原邦彦氏、『創業から10年間離職者がほとんどおらず、残業ゼロ、有休消化率100%』の株式会社ファイントレーディングジャパン 鳴海禎造氏、『子連れ出社や在宅勤務など、働きやすさを自分たちで決められる』ワノミライカ株式会社 代表取締役 細川達矢氏にご登壇いただきました。 三原氏からは【労働時間に頼らない働き方を開発し、経済効果をいかに上げるか】について、「顧客理解」と「発想力」と「知識」が重要であり、それを最大化するための「働き方の整備」「人材育成」「コミュニケーション」の重要性についてお話しいただきました。みなさん共通して、既成概念にとらわれずに成果の高い取組みを『社員と共に』開発している、というところが印象的でした。密なコミュニケーションは大変投資効果の高い取組みであると、改めて感じさせられた時間でした。

 

Copyright ©2017- NPO法人ブルーバード  All Rights Reserved.